フリーランスとして働くには税金対策が必要不可欠な要素

フリーランスの税金対策について

フリーランスの働き方

フリーランスとして働いていくには、少しでも利益になるように、無駄な時間やお金は使わないようにすることが、何より大切なことになります。 その為には、仕事の為にどれだけの経費がかかっているのかについて、正しい知識が必要です。 経費を正しく理解することが、税金対策への第一歩になるのです。

確定申告前に出来る税金対策とは

フリーランスの方は、会社員の方のように年末調整を行なってもらうことはないので、毎年必ず確定申告をしなければなりません。 面倒な作業ではありますが、この確定申告で税金対策をすることが出来るので、フリーランスの方は確定申告の時期はとても忙しなくなることが多いようです。

経費について正しく理解することが税金対策につながる

フリーランスとは、会社や組織などに所属せず、自ら動いて仕事を契約するという働き方をしている人のことを指します。
ライターやカメラマン、デザイナーなどの職種においてよく見られる働き方で、自分の能力次第で収入を上げられ、誰にも縛られずに自由に働くことが出来るということで、ここ数年人気が高まっている働き方と言えます。
ただ、組織に属さないということは、毎月の決まった給料や有給休暇、社会保険などの保証がないということで、安定性は低いでしょう。
安定と自由のどちらを取るのかで悩まれている会社員の方も多いのではないでしょうか。
フリーランスは、ただ自由気ままに働いているわけではなく、自己責任で全て行わなければならないので、時間管理なども含めた自己管理に追われているとも言えます。
体調を崩してしまえば、会社のように有給休暇もありませんので、その間の収入保証は無くなります。
勤務時間が決まっていないということは一見羨ましくも感じるかもしれませんが、際限なく働くことが出来る為、体調を崩すまで働いてしまったり、仕事とプライベートの区別をつけづらくなってしまうこともあるので注意が必要です。
このように、フリーランスには魅力もありますが、続けていくには相当の覚悟が必要で、知らなければならないことは数多くあるのです。
そして、フリーランスとして働いていくことで避けては通れないのが、「税金対策」になります。
では税金対策として、フリーランスの方々が行うべきことについて、以下に述べていきたいと思います。

税理士に依頼することのメリットとは

税金対策と言われても、そこを気にしている余裕すらない、というフリーランスの方もいらっしゃると思います。 しかし、税金対策をして節税に励んだ方が、出て行くお金が減るので、結果的に余裕が出てくるのではないでしょうか。 色々と調べている余裕がないのであれば、税金の専門家に聞くのが一番です。