この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

確定申告前に出来る税金対策とは

経費精算は年初めから行う

毎年確定申告は2月の半ばから3月の半ばくらいまでの時期に行いますが、準備は年初めから行っていた方が慌てずにミスなく確定申告をすることが出来ます。
その準備の際、まず行うべきは「経費精算」になります。
経費精算とは、簡単に言えば家計簿チェックのようなもので、何にどれだけ使ったのかを確認する作業です。
そしてその際、経費として計上されていない項目を見直して、経費として計上出来るものはないか、逆に間違って経費と計上しているものはないかをチェックするのです。
経費が多ければ多いほど、所得から差し引くことが出来るので、ここは入念にチェックするべきところになります。
確定申告の期間に入ってからでは、計算だけでもかなりの手間になる為、チェックする時間も無くなってしまいます。そうすると、本来経費として計上出来るものも見落としてしまうかもしれないので、経費に関してはかなり慎重にチェックしておいた方が良いと言えます。

青色申告の特別控除を利用する

確定申告には2種類あり、一つは白色申告と言って、フリーランスの方なら誰でも申告出来るものになります。
そしてもう一つが青色申告と言って、一定の条件を満たしているフリーランスの方が申告出来る確定申告です。
この2つの確定申告のうち、税金対策として有効なものは「青色申告」になります。
理由としては、青色申告には特別控除と言って、10万円から最高65万円の控除を受けることが出来るからになります。
青色申告をする為には、事前申請が必要で、きちんとした帳簿もつけて提出しなければなりません。しかし全体的に20万円前後の節税が出来る可能性もあるので、自分が青色申告の対象になるかどうかを調べて、もし対象であるなら青色申告をすれば税金対策になります。